ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

車の運転にはサングラスがおすすめです!可視光線透過率で夜や雨も安心

      2017/07/18

車でドライブを楽しんでいても眩しかったりフロントガラスへの映り込みが
気になって目が疲れて運転に集中できなくなったりしますよね。

サングラスをかければ目の負担も減って快適に運転できそうなんだけど、
いざサングラスを買おうと思うと種類がたくさんありすぎてどれを選べばいいか迷います。

車の運転におすすめできるサングラスを紹介します。

スポンサードリンク

車の運転にサングラスをおすすめする訳

車の運転中に気になる眩しさを抑えるためのサングラスといえば、
色の黒いサングラスをかければいいと思いがちですが違うんです。

色が濃いだけのサングラスだと視界が暗くなるだけで安全ではないんですよ。
暗い中で周りの状況を確認しなければいけないので目が疲れてしまうんです。

運転におすすめなのは偏光グラスを使ったサングラスなんです。
明るいのに眩しくないという特徴を持っています。

偏光グラスは余計な反射光を防いでくれるので、フロントガラスの映り込みが
見えなくなって視界がクリアになるので目の負担が減って疲れにくくなるんです。

偏光グラスで評判がいいのはタレックスですね。
レーシングドライバーの愛用者も多いようですよ。
⇒タレックスの偏光グラスを使ったサングラスを楽天で見てみる。

結構高価なイメージですが、安全で快適な運転ができるなら割安ではないですか。

スポンサードリンク

偏光グラスで対向車や前を走っている車からの照り返しも消えるので
気分よく運転できますね。

サングラスは可視光線透過率80%で運転が快適

偏光グラスのサングラスならどれでも快適に運転できるわけではなく、
可視光透過率が最適なものじゃないと安全に運転できないんですよ。

車の運転に適した可視光透過率は80%以上がおすすめです。
可視光透過率が75%以下のサングラスは曇りの日や夕方なんかの
薄暗い天気では視力が低下してしまうから危ないですね。

サングラスによっては可視光透過率が運転に適していてもレンズの色によって、
特定波長の減衰特性があり、信号を誤認する危険性があるので、
昼間の運転には適さないものがあるので購入する時に確認しましょう。

夜と雨の日の運転にもサングラスが必要?

夜や雨降りの暗い中での運転には調光レンズのサングラスをかければいいよ、
なんて言われていたこともありますが、運転には向いていないようです。

調光レンズは紫外線の量によってレンズの色が濃くなったり薄くなったりしますが、
色が濃くなる時は割と短時間で変色するけれど、色を薄くするにはかなりの時間がかかります。

周りが暗くなってきたのに、調光レンズはまだ色が薄くなりきれていなくて、
視界不良になってしまったりします。

特に昼間に急にトンネルに入った時などは真っ暗になってしまって危険なんですよね。

夜間の運転には対向車のヘッドライトの眩しさを和らげる
夜間運転用のサングラスも販売されています。

雨の日の濡れた道路の乱反射などには偏光グラスのサングラスで快適に運転できますね。

まとめ

車の運転は余計な光を見続けるから目が疲れるんです。

運転に最適な偏光グラスのサングラスで、アスファルトの照り返しや
フロントガラスの映り込みなどが消えてクリアな視界が手に入ります。

快適で楽しいドライブを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

風邪に効く食べ物と飲み物はこれだね!風邪をひかない方法は?

季節の変わり目や急に気温が下がる時期にうっかり風邪をひいてしまう人が多いですね。 …

子供が汗っかきで頭の汗が心配だけどどうすればいい?

子供が汗っかきなのは元気な証拠! スポンサードリンク とは言っても頭に汗をかきす …

日焼け止めが肌荒れの原因?SPFの選び方や塗り直し頻度は?

紫外線の強い季節に日焼けからお肌を守ってくれる日焼け止めは手放せませんね。 スポ …

インフルエンザで出勤したら迷惑かな?判断は出勤停止の期間を参考に?

インフルエンザにかかってしまった、という方。 きちんと予防していたのにショックで …

日傘を選ぶポイントは遮光のUVカットと遮熱で涼しい快適さ

暖かくなって日差しが強くなってくると日傘が欲しくなってきますよね。 日傘を選ぶと …

暑さが頭痛の原因なの?治し方と予防で健康な夏を過ごそう!

スポンサードリンク 暑さが原因なのか頭痛に襲われると痛みに耐えるのが精一杯で歩く …

熱中症の症状と対策法とは?頭痛や下痢の時はどうする?

これからの暑い季節、熱中症にかかることも多くなってきます。 スポンサードリンク …

低予算でできる小さな子供の夜の寒さ対策にオススメのグッズ!

これから、寒い冬がやってきます。 小さな子どもを育てているお母さん方にとって、夜 …

かかとがガサガサしてるのは水虫が原因なの?簡単な見分け方はある?

冬になると肌の乾燥が気になりますよね。 手や顔だけでなく足も。 特にかかとは男女 …

花粉症か風邪かわからないと困るね!違いを知って病院で検査しよう

くしゃみや鼻づまり、鼻水の症状があると、「風邪をひいたかな?」と思いがちですが、 …