ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

日焼け止めが肌荒れの原因?SPFの選び方や塗り直し頻度は?

      2015/04/01

紫外線の強い季節に日焼けからお肌を守ってくれる日焼け止めは手放せませんね。

日焼け止めを使ったのに肌荒れで悩んでる人も多いのではないでしょうか。

肌荒れの原因や日焼け止めの選び方や塗り直しの頻度などを紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止めによる肌荒れの原因は?

紫外線による日焼けや肌のシミやそばかすを防ぐための日焼け止めを使うと肌荒れを起こしてしまうこともありますね。

肌を守るための日焼け止めが乾燥肌やニキビなど肌荒れを起こす原因はなんなんでしょうか。

それは、日焼け止めの強さを表すSPFとPAを必要以上に強力なものを使ってしまっているからなんです。

ついSPFは数字の大きい物をPAは+の数が多い物のほうが紫外線カットの効果が大きいと思いがちですが実は違うんですよね。

SPFはシミやそばかすの原因となる紫外線B波をカットする働きがあるんですが、日焼けが始まるまでの時間を伸ばすだけなんです。だから日差しが強い時はSPFの数字が大きい物を選べばいいというものではないんです。
SPFの数字が大きいと日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤や紫外線散乱剤による肌への負担も大きくなるので肌荒れを起こしてしまうんですね。

PAは肌を黒くしたりシワやたるみの原因になる紫外線A波をカットする働きがありますが、こちらも効果が大きいと肌への負担が大きくなるので、肌荒れの原因になってしまいます。

日焼け止めのSPFの正しい選び方は?

肌に負担をかけないSPFはどれくらいのものを選べばよいのでしょうか。

スポンサードリンク


SPFはSPF10で3時間から4時間の日焼け止め効果があるので、普段の家事、洗濯、近所への買い物ぐらいならSPF15からSPF20のPA++くらいがオススメです。

現在のSPFの最高値はSPF50なんですが、日焼け止め効果はなんと約20時間もあるんです。こんなに長時間日差しを浴びることもないですからSPF30以上は実質日焼け止め効果は変わらないんです。

SPFの数字が大きい物を長時間使うよりもSPF30くらいの日焼け止めをこまめに塗り直すほうが肌への負担を少なく効果的に日焼け止めができるんです。

日焼け止めの効果的な塗り直しの頻度は?

日焼け止めは見た目が崩れていなくても2時間から3時間で塗り直すのが理想ですね。

夏はどうしても汗をかくので汗を拭いたり肌を擦ったりしてしまえば日焼け止めは落ちてしまうので、その時はこまめに塗り直して下さい。

メイクをしている顔の日焼け止めは塗り直しが難しいですね。

メイクが落ちない程度にあぶらとり紙やハンカチなどで顔の皮脂を拭きとってから、UVカットやSPF表示のあるファンデーションやパウダーでメイク直しをすれば日焼け止めを塗り直したのと同じ効果が期待できます。
メイクをする前の下地の段階できちんと日焼け止めを塗っておくことが大切ですよ。

まとめ

夏の日差しから日焼けやシミ・そばかすを防ぐ日焼け止めは使い方によっては肌荒れを起こしてしまいます。

無駄に紫外線カット効果の高いものを使っても肌への負担が増えてしまいます。

生活環境に合った日焼け止めを使って肌を守って美肌を手に入れましょう。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

インフルエンザについての記事一覧まとめ

このブログの中でインフルエンザについて書いてある記事を一覧でまとめています。 1 …

手のひらが多汗症になる原因を知って対策すれば改善できる

手のひらに汗をかいていると人と握手するのが苦痛になったり、 大事な書類が汗でフニ …

花粉症の予防にはマスクが効果!花粉対策のメガネが曇らないように!

花粉症の季節になると突然花粉症にかかることがあるんですよね。 スポンサードリンク …

風邪が治らない症状が咳の原因は他の病気の可能性?

風邪をひいても栄養をとってぐっすり眠って治すなんて人も多いですね。 スポンサード …

かかとがガサガサしてるのは水虫が原因なの?簡単な見分け方はある?

冬になると肌の乾燥が気になりますよね。 手や顔だけでなく足も。 特にかかとは男女 …

風邪の症状が長引くのは似た病気かも知れないから診断しよう!

スポンサードリンク 季節の変わり目や寒い時期は風邪をひく人が増えますね。 すぐに …

低予算でできる小さな子供の夜の寒さ対策にオススメのグッズ!

これから、寒い冬がやってきます。 小さな子どもを育てているお母さん方にとって、夜 …

熱中症で下痢と発熱が治らないのはいつまで?

暑い季節に気をつけたいのが熱中症ですね。 スポンサードリンク ちゃんと水分補給も …

正月太りを戻すのはこれ!解消するには食事とストレッチで?

楽しいお正月を過ごして太ってしまった人も多いのではないでしょうか。 スポンサード …

子供が汗っかきで頭の汗が心配だけどどうすればいい?

子供が汗っかきなのは元気な証拠! スポンサードリンク とは言っても頭に汗をかきす …