ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

ゴールデンウィークの帰省で義実家に行くのが憂鬱なのに旦那は分かってくれない

   

毎年、長期のお休みは特にたのしみですよね。

年が明けて最初の大型連休と言ったらゴールデンウィーク。
旅行に行ったり、家族で団欒したり羽を伸ばしたいものです。

でもそうもいかなかったりする方も。
大型連休のたびに実家へ帰省する、しないといけないというご家庭も。

自分の実家ならいいのですが、それが気を使う旦那の実家だったりすると、お休みが憂鬱な気分にもなるもの。

世の中のお嫁さんの帰省事情はどんなものなのでしょうか?
ちょっと気になりますよね。

スポンサードリンク

ゴールデンウィークの帰省は義実家は行きたくない

では、実際どれくらいの頻度で配偶者の実家に帰省しているのでしょうか?

調査によると、半年に一回程度というのが約18%、続いて一年に1回程度というのが16%、そして2,3ヶ月に一回程度が12%と続きます。

実家との距離にもよりますが、年に1,2回は帰省をしているところが多いようですね。

回数としては少ないかもしれませんが、帰省するというのは日帰りではないというところ。
何日か旦那さんの実家にお世話になるということです。

嫁としては、きちんと嫁としての役割を果たしたいところですが、その前にゴールデンウイークぐらい好きなことをさせてよ、と思うもの。

一方、自分の実家へ帰ることになる旦那さんにとっては、気にならないこと。

実際、約半数のお嫁さんは旦那の実家に帰省することを気が重いと思っているのに対し、気が重いと思っている旦那さんは20%にも満たないようです。
これには旦那さんとの意識の違いも大きいようですね。

スポンサードリンク


ゴールデンウィークの帰省の時期は憂鬱になる

せっかくのゴールデンウィークなのに、と憂鬱になるお嫁さんを前に、旦那さんは、連休なんだから帰るのが当たり前、自分の実家だから楽だし、というぐらいにしか思っていないことが多いようです。

確かに自分が育ったところですから、気を使うことなくのんびりゴロゴロしているだけ。

多くの旦那さんは、自分がのんびりできているから、嫁もくつろいでいるのだろうぐらいにしか、またお嫁さんの気苦労に気がついていないことが多いようです。

いっぽうのお嫁さんと言ったら、家事を手伝わないといけないし、姑との会話など、休みたいのに余計に疲れる状況に。

こんな状況を脱したい、と思うのも無理はないですよね。

ゴールデンウィークの帰省は旦那だけで・・・

できれば、旦那だけで帰って欲しくなるゴールデンウイーク。

中には、帰省する際はお互いの実家へそれぞれ帰るというところもあるようです。
その方がお互い気を使わなくてのんびり過ごせますよね。

でも、姑の手前それもできないという場合は、まず一度旦那さんに話してみてはどうでしょうか?

どんだけ気を使って大変なことなのか、と愚痴っぽく言ってしまうのではなくて、自分の気持ちを旦那さんにもわかってもらえるように、逆の立場だったらと考えてもらえるように話してみましょう。

それで帰省は年に一回にする、とか、お互いの実家に交互で帰るとかルールを決めてみては?
ちょっと楽になるかも。

まとめ

もう気を使うゴールデンウイークは過ごしたくないですね。

毎回旦那さんの実家で過ごすという方には辛いですよね。

今度のゴールデンウイークには、どこかへ旅行に行こう、とか早めに違った提案をしてみるのもいいかもしれません。
実家には帰りたくないとははっきり言いにくいと思うので、まずはいつもと違うことをしようと、旦那さんにアプローチしてみましょう。

意外に旦那さんもルーティーン的になっていることから脱出して楽しく感じてくれるかも。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

小学校に同じ保育園の子がいないから心配!入学すれば友達はできるかな?

保育園とは違って、たくさんの新しいことが始まる小学校。 ママとしては勉強のことも …

義母には運動会に来てほしくないけど断り方が難しいよ!

運動会が近づいてくると、ママもウキウキしてきますね。 このイベントで、子供の成長 …

連休が疲れるのは献立を寝てばかりの旦那のために考えないといけないから?

夫のどんなところにいらっときますか?と聞かれて スポンサードリンク 「休みの日は …

加湿器の置き場所は高さが大切!エアコンとの位置関係もね!

冬の寒い時期に気になるのが部屋の空気の乾燥ですね。 暖房器具を使うとますます乾燥 …

初盆のお供え物は遠方で行けないと送る?お悔やみの文例は?

旦那さんの親戚などが初盆を迎える時に出席しなければいけないけど実家が遠方で出席で …

手作りのケーキの持ち運び方法はこれ!時間がかかっても崩れない

パーティーシーズンにはケーキを作ってお友達に振る舞いたいという方多いですよね。 …

静電気でバチッとなる仕組みは?体質が原因なの?予防グッズで痛くない?

冬場にものに触れると起こる静電気。 あの「パチッ」とした音と手に感じる刺激、嫌で …

小学生の自由研究はテーマを決めるのが悩みどころで思い出に残る?

スポンサードリンク 小学生の夏休みの宿題で悩むのが自由研究ですね。 子供が自分で …

オイルヒーターで赤ちゃんのやけどは防げる?安全性はどうなの?

これからます寒くなってきますね。 赤ちゃんがいるご家庭では、お部屋の環境、室温な …

イヤイヤ期のひどい癇癪の対応がわからなくてイライラはいつ終わるの?

お子さんが育っていく過程で、「癇癪(かんしゃく)」は避けては通れない、子育ての大 …