ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

エアコンは冷房と除湿のどちらが節約できるかは温度による?

      2018/09/23

エアコンは夏には欠かせませんよね。

毎日フル回転で使っているかと思いますが、この時期多くの電気代をしめるエアコン。
電気代もきになるところです。

ところで、エアコンには、冷房と、除湿の機能がありますが、あなたはどちらを主に使っていますか?

電気代のことを考えると、除湿の方が安いとか、除湿の方が高いと聞いたりもします。
本当のことろはどうなのでしょうか?

今回は冷房と除湿の電気代についてご案内いたします。

どちらが節約できるのかチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

エアコンは冷房と除湿のどちらが節約できるの

ではどちらが節約できるのか?

ここで冷房と除湿の機能について簡単にチェックしてみると、

冷房は、温度を下げることを優先した機能で、
除湿は、湿度を下げることを優先した機能ということになります。

冷房も除湿も、仕組みは同じで部屋の空気を冷やすことによって、結露として溜まった水分がホースから外に排出されます。
どちらも温度、湿度を下げることができます。

そして冷房は、設定温度になるように運転しますが、除湿は目標の湿度になるように運転するということ。

ポイントは、どちらを選ぶか、ということですね。

また除湿には二つの機能があり(ない場合がります)

「弱冷房除湿」と「再熱除湿」といいます。

簡単にいうと
弱冷房除湿は、弱い冷房と同じようなもの。
部屋の湿度を下げますが、部屋の温度も下げます。

再熱除湿は、部屋の温度を下げないで湿度だけを下げるもの。
一度冷やした空気を温めなおしてから部屋に戻すというものです。

スポンサードリンク


電気代に関しては、除湿の方が高いということも聞いたりしますが、それは除湿機能が高いということ。

これらをエアコンの電気代で比べると、安い方から、
弱冷房除湿、冷房、再熱除湿という順番になります。
 

そして、エアコンの使い分けとしては、

・冷房は、とにかく暑い部屋を涼しくしたいとき
・弱冷房除湿は、湿度が高くてムシムシするとき
・再熱除湿は、ジメジメ湿気が多いけれど肌寒いとき

に使用するのが一番適している効果的な使い方です。
 

エアコンを節約するための温度設定は

エアコンの設定温度によって電気代は節約できそうですね。

ではその設定温度とは?

環境省によると、冷房時の温度設定を1度高くすると、およそ13%の消費電力の削減になると報告されてます。
となると是非実行したいもの。

このためには、冷房の設置温度は28度が目安とされています。

でも、28度って全然快適じゃないと思ったりしますよね。
そこでぜひ活用して欲しいのが、扇風機です。
 

エアコンの節約は扇風機を併用だね

快適な環境と省エネには、扇風機やサーキュレーションの併用が便利です。

効果的な置き方は、エアコンから向かい合わせの位置。
そして扇風機の首は、できるだけ上向きにします。

冷えた空気は下へ向かうので、下がってきた冷気を部屋中に散らすことになり、部屋の下の方に冷たい空気がたまることなく、部屋中に涼しい空気が循環していきます。

扇風機を使うことで、設定温度が高めでも体感温度が下がるので、快適になりますよ!

 

まとめ

夏を快適に過ごすために工夫をしましょう。

いかがでしたか?

涼しくしたいけれど、電気代は気になりますよね。

それに冷房が効きすぎた部屋では、体調も壊してしまうことにも。

そこで扇風機をうまく活用して上手に省エネしていきましょう。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

部屋が乾燥するのは原因があるの?体に影響があるなら簡単に対策したいね

寒い冬、お部屋でも快適に過ごしたいですよね。 エアコンや、ヒーター、こたつなど、 …

ストローマグはカビが気になるね!ストローの洗い方には消毒が必要?

赤ちゃんの水分補給に欠かせない便利アイテムがストローマグ。 スポンサードリンク …

子供の運動会は嫌いですよね!お弁当や場所取りがなくなればいいのに!

子供が頑張っている姿、そして成長を見ることができる運動会。 スポンサードリンク …

子供服のお下がりは迷惑なんだけど処分してもいい?欲しい人いる?

自分のファッション同様、お子さんの服にも気を使っているというママは多いですよね。 …

新築は加湿器を使っちゃダメ?結露しやすくなる部屋の予防法とは?

お家を新築した方、新しい環境で快適に過ごしたいですよね。 夏は湿気が多く、冬は乾 …

静電気除去ブレスレットは効果ある?仕組みはどうなの?

空気が乾燥する季節になると静電気に悩まされますね。 スポンサードリンク ドアノブ …

ランドセルの選び方のコツは購入時期?神田屋はオーダーメイド?

来春、新一年生になるお子さんの小学校入学の準備で悩むのがランドセル選びではないで …

たったこれだけ!掃除機のフィルターの代用品になるものとは!

私は、長年花粉症で苦しんでおり、 掃除機がけとそのフィルター掃除の際、 いつも咳 …

お風呂のプラスチックの黄ばみが気になる!簡単な落とし方ある?

バスタイムは一日の疲れを取ってくれる至福のとき。 のんびりつかってぼーっとしたり …

サプライズが嫌いな彼氏を驚かせるには?なんでもない日を狙う?

二人にとって大切な記念日や、彼氏の誕生日にとっておきのサプライズをして驚かせたい …