ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

新築なのに床下からカビの臭いがするなんて!対策は業者に任せる方がいい?

   

新しいうちに引っ越して、やっと落ち着いたと思ったら家に問題が出てきたということをよく耳にします。

例えば臭い。
気になっている方も多いかもしれません。

木造の家だったら、新築は木の香り、畳の香りがとても気持ちのいいものですよね。

最近の家は24時間換気システムになっていることが多くても、高気密なので、臭いがこもりやすいということもあると言えます。
家の中で感じる臭いとしては、化学物質の匂い。

これは建築中に使う防カビ、防虫、防腐剤などのもので、ハウスシックの原因になります。
また、床下から発生するカビくさい臭い。嫌ですよね。

これから長いこと生活することになる大切な家なので、原因をしっかりと確かめて解決したいもの。

今回はこの気になる臭い、特に床下からのカビの臭いについての原因対策についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

新築なのに床下にカビがあるとショック

床下からする匂いとともにカビの発生。
とてもショックですよね。

この原因として考えられるのは、雨が床に入り込んでしまったため、そして床下施工が原因ということが考えられます。

雨が入り込んでしまうということは、台風シーズンやゲリラ豪雨があった場合、または建築中にも大雨が降ったりして雨が入り込みカビになることが。
また、建築の際に、床下の基礎建物内部側に断熱材を貼ったり、吹き付け発泡ウレタンを吹いていたりすると、湿気が逃げないのでカビが発生しやすくなります。

新築の家がカビ臭いのは、このような床下工法や建築途中に起こることが原因とも言えます。

床下のカビ対策はどうする

自分でできる対策としては、このようなものもあります。

こちらは砂利タイプの調湿剤で湿気、カビを防止してくれるというもの。
消臭効果も期待できます。

1坪あたり2袋が目安になっているようです。
少なすぎても効果が感じられないので、調整して使ってみるといいですね。

スポンサードリンク



またこのようなマットタイプのものもあります。
敷くだけと簡単なものなので便利です。

半永久的に使えるもので、 床下調湿、カビ 床下調湿、湿気防止、カビ取りが期待できます。

床下のカビは業者のほうが安心

また、上記のような対策をしても改善が見られないときには業者に相談することをお勧めします。

そしてきちんとした対策を提案してもらう方がいいでしょう。

新築ならなおさら気になるところ。
早めに対策をしてみましょう。

長く付き合う家なのでしっかり対処を

新しいお家をいつまでも快適な環境の中で暮らして行きたいですよね。

放っておくと、気分も悪くなりますし、健康を害することにもなってしまいます。

不安があったら家の施工業者に確認して不安を解消して行きましょう。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

窓ガラス掃除の拭き跡はあのアイテムで簡単に綺麗にできる!?

みなさんはマメに窓ガラスの掃除をしていますか? そしてそれに満足されていますか? …

共働きだからって生活費をくれない旦那はいくら掛かるか知ってるの?

共働きの家庭の生活費。 どのようにやりくりしていますか? スポンサードリンク 生 …

羽毛布団はいつから使う?洗濯は自宅で?打ち直しで寿命伸びる?

羽毛布団は軽くて温かいというイメージがありますね。 スポンサードリンク 最高級の …

小学校に同じ保育園の子がいないから心配!入学すれば友達はできるかな?

保育園とは違って、たくさんの新しいことが始まる小学校。 ママとしては勉強のことも …

エアコンの酸っぱい臭いで冷房が使えない!原因は何なの取り方はあるの?

夏場の部屋の冷房にエアコンを使っている方は多いと思います。 大活躍する便利なエア …

マンションが乾燥したら加湿器を使ってもいいの?気密性のせいで結露しちゃう

冬は暖房器具をフル回転。 寒さ対策には欠かせないですよね。 寒いのは嫌だし風邪は …

子供服のお下がりは迷惑なんだけど処分してもいい?欲しい人いる?

自分のファッション同様、お子さんの服にも気を使っているというママは多いですよね。 …

子供が小学生になったらフルタイムで働ける?意外と手がかかるんだよね

毎日の家事とともにお子さんの世話は大変ですよね。 突然予想もしないことが次から次 …

エアコンで除湿すると臭いからイヤ!掃除をサボってるからかな

夏にエアコンは欠かせませんね。 熱い夏を乗り切るにはやはりエアコン。 スポンサー …

オイルヒーターの電気代は高いの?赤ちゃんが安全な使い方は?

寒くなってくると暖房器具の準備が始まりますね。 スポンサードリンク 最近では安全 …