ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

子供の癇癪にイライラするけど実は発達障害ってことはない?

   

子供が癇癪(かんしゃく)を起こしたりするのはだいたい2歳ぐらいから始まります。

子育てをしていて一番難しい時期とある意味言えるかもしれません。
怒って泣きわめいたりされると、どう対処したらいいのかわからなくなりますよね。

この癇癪には個人差があり、大人でも手をつけられれないようなほど激しい子供もいれば、癇癪を起こさない子もいたりします。
そこがまた厄介なところですね。

成長とともに次第に癇癪も治ってくるものですが、親としてはうちの子は癇癪がひどいのかも、とか、まだ終わらないのだけど大丈夫なのかな、と心配にもなってきます。

無事に癇癪の期間が終わってほしいものです。
 

スポンサードリンク

子供の癇癪にイライラする

子供が癇癪を起こして泣きわめいてなかなか止められない。
焦ってしまうし、つい叱ってしまうと一層酷くなる、なんとことありませんか?

そうなるとママも疲れてくるし、また始まった、そして止められない自分にもイライラしてきたりします。
子供の側からすれば、次第に自由に行動ができるようになる2歳前後は好奇心も旺盛。

大人がやっていることを自分でもやってみたくなるもの。
でも、まだ思った通りに、そして上手にできないことへのもどかしさ、またそれがうまく表現できない、自分の欲求が通らないことで不満が起こり癇癪を起こすのです。

成長過程だったら誰にでも起こりうること。
とわかっていても、家中だけでなく、特に外にいる時に始まってしまうと焦ってしまいますよね。

みんなが見てるし、喚く子供を止められないし、とイライラと恥ずかしさとで、こちらの感情もどうにかなってしまいそうに。

スポンサードリンク


こんな時は、まずはママが冷静になり、子供に不安にさせないようにします。
そして子供の気持ちを理解してあげましょう。

また、抱きしめたりスキンシップをとることも有効です。
子供の気持ちを安心、落ち着かせるということが大事なのです。

そして決して大声で叱ったりすることはやめましょう。
ではこの癇癪はいつ頃まで続くのでしょうか?
 

イヤイヤ期の癇癪なのか発達障害なのか?

癇癪は2歳前後から始まり、小学生に上がるまでには治ります。

でもこれにはかなり個人差があるので、割と短い、ほとんどない、また長く続くという子もいます。

ただ、年齢が上がっても癇癪が治らないな、と思ったら発達障害の可能性もあります。
もし心配であれば専門の先生に見てもらい、アドバイスしてもらうことをお勧めします。
 

イヤイヤ期の終わりで判断だね

もし発達障害が心配になったら、まずは年齢でチェックしてみましょう。

癇癪が長引く、酷くなるようだなと思ったら、お子さんがどんな時に癇癪を起こすのかなどをメモしておくといいですね。
専門家に相談する時のヘルプになります。

また、時間がかかっても自然と治っていくものでもあります。
あまり心配しすぎるとママのストレスも増大してしまうので、少し様子を見るのも方法です。

まとめ

かんしゃくは子供の成長過程にあるもの。

ママにとっては本当に大変な時期になるかもしれませんが、子供の成長過程において必ずあるものと思って受け入れましょう。

慌てず冷静に、そしてスキンシップをとる、ということを実行していけば自然と収まるように。

また自分だけで抱え込まず、家族でサポートしあっていきましょう。

これを乗り越えたらお子さんお成長もより一層感じることができるはず。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

窓ガラス掃除の拭き跡はあのアイテムで簡単に綺麗にできる!?

みなさんはマメに窓ガラスの掃除をしていますか? そしてそれに満足されていますか? …

エアコンの冷房が効かないぞ!原因を探ったらガスがあやしい

毎日暑い日々が続くとエアコンは欠かせないですよね。 ひんやりと涼しい風を送ってく …

妊婦が掃除する時に使っちゃいけない洗剤はある?カビが気になるの

妊娠中気になることは生活の中でたくさんありますよね。 お掃除は毎日欠かせないもの …

体を温めるストレッチは何がいい?夜は寝る前に朝はこれが効果的!

冬の寒さが身にしみるこの時期は体も冷えて辛いですね。 スポンサードリンク 体が冷 …

カビが生えない湿度にするには除湿機が最適?カビとの関係を対策するなら

部屋の湿度が特に気になるのは、梅雨時と冬です。 この時期の湿気対策を怠ると、カビ …

運動会の日はパパが仕事で来れないけど母親だけでも応援すれば楽しい!

もう直ぐ子供の運動会。 家族で子供の晴れ姿を応援したり、お弁当は何を作ろうかなと …

可視光線透過率とサングラスの選び方!紫外線透過は偏光?

春から秋にかけて天気が良くて日差しの強い日に欲しくなるのがサングラスですね。 ス …

ランドセルの選び方のコツは購入時期?神田屋はオーダーメイド?

来春、新一年生になるお子さんの小学校入学の準備で悩むのがランドセル選びではないで …

非常食は賞味期限が長いと安心?何日分必要か試食する?

スポンサードリンク 最近は防災意識の高い人が多くなってきましたね。 地震や台風な …

子供服のお下がりは迷惑なんだけど処分してもいい?欲しい人いる?

自分のファッション同様、お子さんの服にも気を使っているというママは多いですよね。 …