ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

一年生を鍵っ子にしても大丈夫?鍵のもたせ方を工夫すれば防犯できる?

   

「鍵っ子」という言葉。
私の子供の頃は周りに「鍵っ子」という子はそんなにいなかったのですが、近頃では全くめずらしい事ではなくなってきましたね。

それだけ、夫婦で仕事を持っているというご家庭が増えているという証拠でしょう。
働くママが増えている現代では、「鍵っ子」になる子供もそれだけたくさん増えてきているということ。

子供も成長して物事を少しずつ自分でもできるようになってきてもやはり鍵を与える、というのは防犯の意味でも心配ですよね。
特に子供がこれから小学生とか小さいとなおさらです。

そんな時でも安心して「鍵っ子」を任せられる方法についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

一年生で鍵っ子は大丈夫?

なん歳ぐらいから「鍵っ子」にして大丈夫なものなのかしら?
と働くママなら思うもの。

一年生なのだけど、大丈夫なものなのか気になりますよね。
でも、これは何年生からなら大丈夫というよりも、その子の性格にもよるでしょう。

例えば落ち着いていて、一人でいるのに慣れている子供だったらこの年からまかせても大丈夫。
逆に、不安がったりしたら、まだ難しいかもと考えたほうがいいでしょう。

無理やりさせてしまうのは子供にとっても良くないことです。
そこで、「鍵っ子」になる前のステップとして、事前に何回か一人でお留守番をさせてみるといいでしょう。

その中でルールを決めて、きちんとその通りできたかなどをチェックし、最終的に鍵を持たせても大丈夫かどうかを判断していきましょう。

鍵っ子の鍵の持たせ方はどうする?

多くの親御さんが心配なのは鍵の持たせかたですね。
家の外に隠し場所を作る方法もありますが、こちらは持たせるよりずっと危険があるので、やはり子供には持っておいてもらいましょう。

スポンサードリンク

そこで無くさないように持たせる方法です。

ランドセルにつける
いつも持ち歩くものにつければ、無くしたり忘れたりすることはないでしょう。
ランドセルにはポケットもたくさんついているので、キーホルダーに鍵をつけてランドセルのポケットに収納するという方法がオススメです。

ストラップに鍵をつけて首から下げる
こちらも無くさない方法としてオススメです。
ただし体育の授業などは危険なので外すようにしますが、その際は先生に預かってもらうなどして無くしてしまわないような対策を話しておく必要がありますね。

鍵っ子に防犯のために教えておくこと

いくつか、子供とこれはしてはいけないという約束を決めておくと安全にお留守番ができます。

来客があっても出ないこと
家に帰ってきてからも用心が必要です。
そのため帰ったらすぐに鍵をかける、そして誰かが来ても決してドアを開けてはいけないということを伝えておきましょう。

鍵を外で人に見せないようにする
外で誰が見ているかわかりません。
「鍵っ子」であることを知られて、犯罪に巻き込まれるという危険性もあります。

帰って来たときは「ただいま」という
誰も家にいなくても「ただいま」と言って外部にも、一人で家にいるのだな、と思われないようにしましょう。

そのほか、事前にご近所の信頼できる方にあらかじめお話ししておいたほうがいいでしょう。
何かあったときによろしくお願いします、と自分の連絡先を添えてご挨拶すると安心です。

子供は意外としっかりしているもの

ご両親としてはきちんとやっているかしらとか、大丈夫かしら、まだ無理だったかななどと色々と心配してしまいますよね。

でも子供は意外にしっかりとしています。

これを経験してより成長し、責任感も芽生えていきます。
帰ってから、たくさんお話を聞いてあげてコミュニケーションもしっかりととっていきましょう。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

新築から湿気対策しておきたい!しないと簡単に部屋にカビが生えちゃう!

新築のお家へお引越しされた方。 新しいお家で新しい生活はワクワクしますよね。 こ …

お風呂で石灰化した汚れは除去できないの?予防できると良いよね

お風呂のお掃除は好きですか? 夏は気持ちいいけれど、冬は寒いし、水も冷たいし、面 …

出産の医療費控除は年末調整でいいの?いくら戻る?いつまで

スポンサードリンク 出産にかかった医療費は年末調整すれば返ってくるの? 面倒な手 …

赤ちゃんと大浴場に入りたいけど温泉のマナー的にはどうなの?

温泉好きな方、家族と一緒に楽しみたいですよね。 スポンサードリンク 赤ちゃんがい …

新築は加湿器を使っちゃダメ?結露しやすくなる部屋の予防法とは?

お家を新築した方、新しい環境で快適に過ごしたいですよね。 夏は湿気が多く、冬は乾 …

インパクト大!?プレゼントは渡し方が面白いと喜びが倍増するね

誕生日、クリスマス、記念日など、プレゼントをもらったり渡したりする機会はたくさん …

一年生の子供が朝から泣くのは何が原因なの?小学生には抱えきれない不安かも

4月は新しいことがたくさん始まる季節でもありますね。 新一年生となって、新しい生 …

さつまいもの保存方法とは?冷凍で焼き芋?作り方はレンジ?

さつまいもの収穫の時期がやって来ましたね。 スポンサードリンク 家庭菜園で大事に …

大掃除で網戸を簡単に掃除するには掃除機か簡単にグッズを使うか?

大掃除のときくらいしか網戸の掃除をしないけど簡単に済ませたいですよね。 スポンサ …

ファンヒーターは湿気の対策をしないとダメなの?グッズで楽しくね!

スポンサードリンク 冬の間活躍してくれる暖房器具のファンヒーター。 手軽に部屋を …