ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

花粉症の予防にはマスクが効果!花粉対策のメガネが曇らないように!

   

kahun2

花粉症の季節になると突然花粉症にかかることがあるんですよね。

昨日までは全く平気だったのにいきなりくしゃみや鼻水に悩まされることになるとは…

急に花粉症の症状が出ると予防や対策の方法が気になりますよね。

スポンサードリンク

花粉症の予防にはマスクが効果的だね!

突然の花粉症の症状の予防にはやっぱりマスクが一番効果的ですね。

花粉症は花粉を体内にいれないようにしないといけないんですよね。

もう普通に呼吸をしているだけで口や鼻から花粉を吸い込んでしまいますからね。

外出するときは特にマスクをして花粉を吸い込まないようにするのが簡単で最大に効果的な花粉症予防になりますね。

外出先では室内でも花粉が飛んでいる可能性があるのでマスクは外せませんね。

自宅でも室内に花粉が入り込まないような工夫がしてないとマスクをしていないと花粉症の症状に悩まされます。

でもマスクはなれないと長時間使用するのが苦痛でイライラしてきちゃいますね。

マスクの隙間から花粉が入り込まないように顔に密着させないといけないですしね。

息苦しくなったりしゃべりにくくなったりと嫌なことも多いですが、花粉症の症状がひどくなって苦しむよりはいいですね。

マスクも数多くの種類が販売されているので自分の顔にピッタリ合う付け心地の良いマスクを見つけることを楽しみにすれば花粉症の苦痛も和らぐかもしれないですね。

最近はマスクがファッションの一部になっているところもあるので楽しんでみるのもいいですよね。

使い終わったマスクを処分するときには注意が必要です。

せっかく花粉を吸い込まないようにブロックした花粉を撒き散らさないように、マスクを外すときに花粉が付いているマスクの外側には触らないように、そっとビニール袋などに入れてゴミ箱へ捨てましょう。

花粉症の対策にはメガネも効果だよね!

花粉症の症状には目の痒みもあります。

目の痒みは目に花粉が入ってしまうことを防がないといけません。

そんなときにはメガネを使うのが効果的な対策になります。

スポンサードリンク

今は花粉症用のメガネも発売されていますが、普通のメガネでも効果はあるんですよ。

普段メガネを使用していなければ眼鏡に抵抗があるかもしれませんが、一度使用してみてください。

目のかゆみが楽になるのが実感できる事が多いですよ。

メガネをかけるのが恥ずかしいという気もしますが、実際に使ってみるとそうでもないです。

メガネの形によっては自分の顔に似合うメガネと似合わない眼鏡がありますが、花粉を避けるために大きめのメガネを選ぶのをおすすめします。

メガネもファッション感覚で似合いそうなメガネを探すのを楽しみましょう。

ダテメガネを使うのが恥ずかしいならば、いかにも花粉症用のメガネを使ったほうが恥ずかしくはないかもしれませんね。

普段はコンタクトレンズを使っている人も花粉症の季節はメガネを使ったほうが安心ですよ。

コンタクトの内側に花粉が入り込んでしまうと炎症をおこす原因にもなるので注意が必要ですね。

花粉予防のメガネがマスクで曇らないようにするには?

花粉症の予防でメガネとマスクの両方を使用するとメガネが曇りやすいんですよね。

マスクをしているとマスクの中で呼吸によって暖められた空気がマスクの隙間から漏れてメガネにあたってしまいます。

温まっていた空気が冷えることでメガネが曇ってしまうんです。

メガネに曇り止めをしてもいいのですが、マスクに工夫をしても曇らないようになるんですよ。

マスクの鼻のところから空気が漏れないようにすればいいので、マスクを鼻に密着させます。

簡単なのはワイヤー入りのマスクを使って、花の形にワイヤーを曲げれば密着します。

メガネでマスクを軽く押さえる感じにするとさらに効果的ですね。

メガネが曇りにくいように工夫してあるマスクも何種類か発売されているので試してみるのもオススメです。

まとめ

突然花粉症になってしまうと、くしゃみや鼻水・鼻詰りなどの症状の対処に悩まされますね。

花粉症の原因の花粉を吸い込まない予防にはマスクが効果的です。

花粉で目が痒くなることの対策にはメガネが効果的ですね。

メガネとマスクを両方使うとメガネが曇るので、曇らないようにマスクを工夫して使いましょう。

花粉を効果的に対策して症状がひどくならないように過ごしたいですね。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏バテの症状と対策方法は?吐き気や頭痛がする時は?

夏は海やプール、祭りや花火大会など楽しいイベントが盛り沢山ですが、夏バテになると …

ヨガウェアの選び方はトップスもパンツもフィット感が重要!

ダイエットしようと思って運動を始めても日頃の運動不足ですぐに疲れてしまい 続ける …

お酒に酔わない方法や飲み方はある?二日酔いは予防できるの?

スポンサードリンク 忘年会や新年会でお酒を飲む機会が多くなる季節ですね。 お酒に …

高齢者の夏の健康管理は?脱水予防や食欲不振はどうする?

梅雨の季節から夏本番まで気温の変化も大きく特に高齢者の健康が心配な季節ですね。 …

インフルエンザの解熱剤で市販薬は禁忌?イブプロフェンは?

インフルエンザにかかってしまうと38℃以上の高熱や体中の筋肉痛などに襲われますね …

さつまいもで便秘解消できる?逆効果でひどい時の解消は?

さつまいもは焼き芋にしても料理に使っても美味しく食べられますね。 スポンサードリ …

風邪の症状が長引くのは似た病気かも知れないから診断しよう!

スポンサードリンク 季節の変わり目や寒い時期は風邪をひく人が増えますね。 すぐに …

風邪に効く食べ物と飲み物はこれだね!風邪をひかない方法は?

季節の変わり目や急に気温が下がる時期にうっかり風邪をひいてしまう人が多いですね。 …

手のひらが多汗症になる原因を知って対策すれば改善できる

手のひらに汗をかいていると人と握手するのが苦痛になったり、 大事な書類が汗でフニ …

高齢者の夏対策は水分補給の工夫?体温調節も?

ジメジメとした梅雨が明けて本格的な夏がやって来ると心配なのが高齢者の健康ですね。 …