ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

花粉症の予防にはマスクが効果!花粉対策のメガネが曇らないように!

   

kahun2

花粉症の季節になると突然花粉症にかかることがあるんですよね。

昨日までは全く平気だったのにいきなりくしゃみや鼻水に悩まされることになるとは…

急に花粉症の症状が出ると予防や対策の方法が気になりますよね。

スポンサードリンク

花粉症の予防にはマスクが効果的だね!

突然の花粉症の症状の予防にはやっぱりマスクが一番効果的ですね。

花粉症は花粉を体内にいれないようにしないといけないんですよね。

もう普通に呼吸をしているだけで口や鼻から花粉を吸い込んでしまいますからね。

外出するときは特にマスクをして花粉を吸い込まないようにするのが簡単で最大に効果的な花粉症予防になりますね。

外出先では室内でも花粉が飛んでいる可能性があるのでマスクは外せませんね。

自宅でも室内に花粉が入り込まないような工夫がしてないとマスクをしていないと花粉症の症状に悩まされます。

でもマスクはなれないと長時間使用するのが苦痛でイライラしてきちゃいますね。

マスクの隙間から花粉が入り込まないように顔に密着させないといけないですしね。

息苦しくなったりしゃべりにくくなったりと嫌なことも多いですが、花粉症の症状がひどくなって苦しむよりはいいですね。

マスクも数多くの種類が販売されているので自分の顔にピッタリ合う付け心地の良いマスクを見つけることを楽しみにすれば花粉症の苦痛も和らぐかもしれないですね。

最近はマスクがファッションの一部になっているところもあるので楽しんでみるのもいいですよね。

使い終わったマスクを処分するときには注意が必要です。

せっかく花粉を吸い込まないようにブロックした花粉を撒き散らさないように、マスクを外すときに花粉が付いているマスクの外側には触らないように、そっとビニール袋などに入れてゴミ箱へ捨てましょう。

花粉症の対策にはメガネも効果だよね!

花粉症の症状には目の痒みもあります。

目の痒みは目に花粉が入ってしまうことを防がないといけません。

そんなときにはメガネを使うのが効果的な対策になります。

スポンサードリンク


今は花粉症用のメガネも発売されていますが、普通のメガネでも効果はあるんですよ。

普段メガネを使用していなければ眼鏡に抵抗があるかもしれませんが、一度使用してみてください。

目のかゆみが楽になるのが実感できる事が多いですよ。

メガネをかけるのが恥ずかしいという気もしますが、実際に使ってみるとそうでもないです。

メガネの形によっては自分の顔に似合うメガネと似合わない眼鏡がありますが、花粉を避けるために大きめのメガネを選ぶのをおすすめします。

メガネもファッション感覚で似合いそうなメガネを探すのを楽しみましょう。

ダテメガネを使うのが恥ずかしいならば、いかにも花粉症用のメガネを使ったほうが恥ずかしくはないかもしれませんね。

普段はコンタクトレンズを使っている人も花粉症の季節はメガネを使ったほうが安心ですよ。

コンタクトの内側に花粉が入り込んでしまうと炎症をおこす原因にもなるので注意が必要ですね。

花粉予防のメガネがマスクで曇らないようにするには?

花粉症の予防でメガネとマスクの両方を使用するとメガネが曇りやすいんですよね。

マスクをしているとマスクの中で呼吸によって暖められた空気がマスクの隙間から漏れてメガネにあたってしまいます。

温まっていた空気が冷えることでメガネが曇ってしまうんです。

メガネに曇り止めをしてもいいのですが、マスクに工夫をしても曇らないようになるんですよ。

マスクの鼻のところから空気が漏れないようにすればいいので、マスクを鼻に密着させます。

簡単なのはワイヤー入りのマスクを使って、花の形にワイヤーを曲げれば密着します。

メガネでマスクを軽く押さえる感じにするとさらに効果的ですね。

メガネが曇りにくいように工夫してあるマスクも何種類か発売されているので試してみるのもオススメです。

まとめ

突然花粉症になってしまうと、くしゃみや鼻水・鼻詰りなどの症状の対処に悩まされますね。

花粉症の原因の花粉を吸い込まない予防にはマスクが効果的です。

花粉で目が痒くなることの対策にはメガネが効果的ですね。

メガネとマスクを両方使うとメガネが曇るので、曇らないようにマスクを工夫して使いましょう。

花粉を効果的に対策して症状がひどくならないように過ごしたいですね。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

正月太りはプチ断食でダイエットすればリバウンドしない?

お正月の食べ過ぎ飲み過ぎで太っちゃっていませんか? スポンサードリンク 若いころ …

花粉症が初めてだけど対策はできる?症状の種類によって対策法がある?

最近なんだか鼻がムズムズ、くしゃみも多いし目もかゆい。 熱はないので風邪ではない …

インフルエンザが完治するまでの日数は?判断の基準や証明の方法は?

インフルエンザにかかってしまうと、外出はできないし、もちろん仕事にも行けません。 …

風邪が治らない症状が咳の原因は他の病気の可能性?

風邪をひいても栄養をとってぐっすり眠って治すなんて人も多いですね。 スポンサード …

汗っかきは多汗症とは違います!体質改善は漢方で対策して

汗をかく季節になると汗っかきだと憂鬱な気分になりますね。 スポンサードリンク ち …

鼻の奥がツーンとしたら花粉症なの?鼻が痛いときの対策を知りたいね

鼻の奥がツーンと痛くなる経験をされたことはありますか? スポンサードリンク ツン …

低予算でできる小さな子供の夜の寒さ対策にオススメのグッズ!

これから、寒い冬がやってきます。 小さな子どもを育てているお母さん方にとって、夜 …

インフルエンザで出勤したら迷惑かな?判断は出勤停止の期間を参考に?

インフルエンザにかかってしまった、という方。 きちんと予防していたのにショックで …

暑さ対策をした部屋で夜グッスリ!エアコンや扇風機は効果的に!

夏本番は様々なイベントや行楽など楽しい行事がたくさんあって忙しいですね。 それに …

熱中症で下痢と発熱が治らないのはいつまで?

暑い季節に気をつけたいのが熱中症ですね。 スポンサードリンク ちゃんと水分補給も …