ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

インフルエンザの解熱剤で市販薬は禁忌?イブプロフェンは?

      2018/10/14

influenza2

インフルエンザにかかってしまうと38℃以上の高熱や体中の筋肉痛などに襲われますね。

予防接種を受けていてもインフルエンザの重症化を防いでくれるけど高熱にはなるんですよね。

家族が高熱で苦しんでいるのを見ているのは辛いので解熱剤で熱を下げてあげたくなりますね。

市販薬で解熱をしてもいいのか使ってはいけない商品はあるのかなど紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザの時の解熱剤は市販薬を使ってもいいの?

インフルエンザにかかっても、医者や病院へいく元気があれば医師に診察してもらえば安心なんですが、高熱や筋肉痛などが酷いと病院へもいけませんね。

特に熱が高くてうなされていると苦しさを和らげるために熱を下げてあげたいですね。

でも基本的には熱が出ているというのは体の中でインフルエンザウイルスと戦っているということですから熱は下げないほうがいいんですよね。
ウイルスは熱に弱いので体の防御本能で発熱して体内のウイルスの増殖を防いでやっつけてくれるんです。

とは言っても熱のせいで食欲がなくなったり眠れなくなってしまったら体力が奪われて、ウイルスと戦えなくなってしまってはインフルエンザの症状が重くなって命の危険が心配になります。

一時的にも熱を下げて食事と睡眠で体力を回復しておきたいですね。

熱冷ましの解熱剤は市販薬が買い置きしてあることが多いと思います。

熱を下げるだけなので手軽に手に入る市販薬ならどれを使用しても問題なさそうな気がしますが、インフルエンザの時には使用してはいけない解熱剤があるので注意してください。

インフルエンザのときに使うとインフルエンザ脳症の発症につながると言われている解熱剤を紹介します。

インフルエンザの解熱剤で禁忌の製品は?

インフルエンザにかかっている時に使ってはいけないとされている解熱剤は、

「ジクロフェナクナトリウム」
「メフェナム酸」
「アスピリン(アセチルサリチル酸)」

が含まれているものです。

具体的には、

・ジクロフェナクナトリウムを含む製品名:
「ボルタレン」

・メフェナム酸を含む製品名:
「ポンタール」

・アスピリン(アセチルサリチル酸)を含む製品名:
「バファリン」
「アスピリン」

などです。

上記の成分が配合されていないか市販薬の成分表をよく確認して、禁忌の解熱剤は使用しないようにして下さい。

大人でも使用すると危険なので子供は特に注意してくださいね。

では、インフルエンザの時でも使用できる解熱剤はあるんでしょうか。


スポンサードリンク

インフルエンザの解熱剤でイブプロフェンは使えるの?

インフルエンザにかかっている時に使用できると言われているのが、

「イブプロフェン」
「アセトアミノフェン」
「ロキソプロフェン」

が含まれている解熱剤です。
 

具体的には、

・イブプロフェンを含む製品名:
「イブ」
「エスタックイブ」
「ベンザブロックL錠」
「パブロンエース」

・アセトアミノフェンを含む製品名:
「ルル」
「パブロン」
「ベンザブロックS錠」
「コンタック」
「新エスタックゴールド」
「カロナール」
「小児用バファリン」

・ロキソプロフェンを含む製品名:
「ロキソニンS」

などです。

バファリンは大人用と小児用で配合されている成分が異なります。
大人用バファリンは使用しないほうが良いですが、小児用バファリンは使用してもよいので、使用する時は市販品の箱をよく読んで間違えずに確認して使用してください。

解熱剤を飲んだからといってインフルエンザが治るということではなく、熱を下げることしか出来ません。

体がウィルスと戦っているからこそ熱が出ているので、解熱剤を使ったことで逆に熱が下がりすぎてインフルエンザの症状が重くなってしまうこともあります。

本来はお医者さんに診察してもらって適切な処置をしてもらうのが確実です。

まとめ

インフルエンザで高熱が出るのは体がウイルスと戦っているからです。
体温が上がっているので体内の水分も蒸発してしまいますので水分補給を忘れないようにしてください。

基本は熱は下げないほうがいいですが、食欲が出なかったり眠れなくなってしまったら解熱剤を使いましょう。
熱が下がった時に食事と睡眠で体力を回復したいですね。

解熱剤は市販薬が手軽ですが禁忌の製品もあるので注意してください。
使ったらダメな解熱剤はインフルエンザ脳症などを発症してしまうかもしれません。

イブプロフェンなどを配合した解熱剤なら使っても良いと言われています。

病院で診察してもらうのがいちばん安心できますね。

*インフルエンザについての記事はこちらにまとめています。
インフルエンザについての記事一覧まとめ

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

鼻の奥がツーンとしたら花粉症なの?鼻が痛いときの対策を知りたいね

鼻の奥がツーンと痛くなる経験をされたことはありますか? スポンサードリンク ツン …

頭痛が雨の日に起こる原因と解消法は?雨でも対策すれば痛くない?

雨の日の頭痛は辛いですよね。 体調もよく元気だったのに雨が降っただけで頭がズキズ …

高齢者の夏の健康管理は?脱水予防や食欲不振はどうする?

梅雨の季節から夏本番まで気温の変化も大きく特に高齢者の健康が心配な季節ですね。 …

低予算でできる小さな子供の夜の寒さ対策にオススメのグッズ!

これから、寒い冬がやってきます。 小さな子どもを育てているお母さん方にとって、夜 …

花粉症と風邪が同時にきたらどうする?薬はどっちで何科へ行けばいい?

花粉症の時期にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして喉がイガイガするなどの不快な症状に …

立ち仕事もこれで楽に!?プレゼントに最適な男性用グッズ紹介!

立ち仕事でいつも疲れているお父さんや彼氏、男友達に あなたは何をプレゼントしてあ …

風邪が治らない症状が咳の原因は他の病気の可能性?

風邪をひいても栄養をとってぐっすり眠って治すなんて人も多いですね。 スポンサード …

高齢者の夏対策は水分補給の工夫?体温調節も?

ジメジメとした梅雨が明けて本格的な夏がやって来ると心配なのが高齢者の健康ですね。 …

インフルエンザになったら出勤はいつからできる?診断書があれば有給?

寒くなってくると色々と気になることがありますよね。 寒さや雪など天候のことだけで …

熱中症で頭痛や吐き気を感じたらすぐに応急処置!対策もね!

スポンサードリンク 夏本番は熱中症が心配ですね。 軽い症状の時に対処すれば頭痛や …