ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

オイルヒーターの電気代は高いの?赤ちゃんが安全な使い方は?

   

oilheater

寒くなってくると暖房器具の準備が始まりますね。

最近では安全性や環境への優しななどからオイルヒーターが注目されています。

オイルヒーターは電気代が高いのがネックだと言われていますが、どうなんでしょうか。

使い方次第では他の暖房器具と変わらない電気代で済むのかな?

スポンサードリンク

オイルヒーターの電気代は高いって本当?

一般的にオイルヒーターを使うと電気代が高くなると言われていますね。

元々オイルヒーターは電気代が比較的安いヨーロッパで普及した暖房器具なんです。
しかもヨーローッパの家屋は気密性と断熱性が高いので一度部屋が温まってしまったら、温度が下がりにくいからオイルヒーターの出力を下げて電気代の節約ができるんです。

日本の家屋は気密性と断熱性が低くてオイルヒーターでは部屋全体を暖めにくく、部屋の出入りなどで温度が下がりやすいのでずっとフルパワーで使わなくてはいけないから電気代が高くなっちゃうんですね。

でも近年の日本の家屋も気密性と断熱性が高い家が増えてきたのでオイルヒーターも見直されるようになりましたね。

オイルヒーターは消費電力が1200Wから1500Wと他の暖房器具よりは多いので設定温度などの使い方によって、1時間平均12円から25円の電気代がかかります。

オイルヒーターは電気で中のオイルを暖めて、オイルによって温まったパネルからの放熱で部屋全体を暖める仕組みなので、部屋全体が温まるまで30分ほどの時間がかかります。

急激に部屋は暖まりませんが、部屋全体の温度が均一に温まるので体にはやさしい温まり方なんですよ。
急激な温度変化に体がついて行かなくて体調を崩しやすい人には嬉しいですね。

炎や温風などの直接的な暖かさとは違って、輻射熱で温まるので「ぽかぽか陽気」のような「陽だまりのようなぬくもり」を感じられる暖かさなんです。

オイルヒーターは温まったオイルも温度が下がるのがゆっくりなので、スイッチを切ってからもしばらくは暖かさが続くんです。

スポンサードリンク

オイルヒーターなら赤ちゃんにも安全に使えるの?

オイルヒーターは赤ちゃんや小さい子供のいる家庭にオススメなんです。

部屋全体を優しく暖めますが、温風を出さないので乾燥しにくいんです。
温風によって部屋の埃やハウスダストを巻き上げないので安心です。

石油ストーブやファンヒーターのように燃焼することがないから、空気が汚れることもなく部屋の換気もたまーにするだけでいいのが嬉しいですね。

オイルヒーターはメーカーにもよるけど、本体を触ってもあまり熱くないので小さい子供が触ってしまっても火傷の可能性は低いから安全性が高いですね。
でも子供には触らせないように注意しておいたほうがいいですけどね。

オイルヒーターは使用中でもほぼ無音で暖房してくれるので赤ちゃんが眠っている時でも静かにグッスリ眠れます。
寝ている時は小さな音でも気になって眠れなくなることもありますよね。

オイルヒーターに使い方のコツってあるの?

オイルヒーターでも使い方次第では節電ができるんですよね。

窓際に置くとせっかく温まった空気が窓から逃げちゃいそうで部屋の中央に置いてしまいがちですが逆効果なんですよね。
窓際から離して置いてしまうと窓から冷気が侵入してしまって部屋が冷えてしまいます。

窓際に置くことで温まった空気が部屋の中を対流するので、窓から冷気が入ってこれなくなるんです。
窓に断熱シートを貼ったり、カーテンをひいたりすれば更に冷気の侵入を防げるので余分な電気を使わなくて済みますね。

深夜電力の契約をして電気代の安い深夜にオイルヒーターで部屋を温めておくのも節電のコツですかね。

室温の設定ができるタイプのものは設定温度を上げ過ぎない。
オイルヒーターは部屋全体を暖めるので、他の暖房器具よりも低い温度設定でも充分暖かく感じるので最適な設定温度を見つけましょう。

一度部屋が温まったらスイッチを切ってもすぐには室温は下がらないので、しばらくスイッチを切っておくなどして節電しちゃいましょう。

まとめ

オイルヒーターは他の暖房器具よりも電気代は高めですが、安全性や環境にやさしいなど良いこともたくさんありますよ。

赤ちゃんや小さい子供には優しく安全で安心して使えます。

使い方のコツを掴めば節電でお得に使えますよ。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

車の静電気は対処できる?予防したり除去するアイテムとは?

スポンサードリンク 空気が乾燥している季節に車に乗ると怖いのが静電気ですね。 突 …

非常食は賞味期限が長いと安心?何日分必要か試食する?

スポンサードリンク 最近は防災意識の高い人が多くなってきましたね。 地震や台風な …

スムーズなアパート退去のために!風呂のカビを綺麗にする方法

アパートからの引っ越しを決めてからは、慌ただしく準備がいろいろと始まりますよね。 …

冬は体を温める食べ物でポカポカ!ダイエット効果もあるコンビニ弁当は?

冬の寒い日には温かい食べ物を食べて体の中から暖まりたいですね。 スポンサードリン …

これでもう迷わない!お風呂は大掃除の順番を間違うと大変!

秋風を感じるともう年末はそこまで。一年って本当にあっという間ですね。 12月に入 …

インパクト大!?プレゼントは渡し方が面白いと喜びが倍増するね

誕生日、クリスマス、記念日など、プレゼントをもらったり渡したりする機会はたくさん …

残暑見舞いの時期はいつまで?書き方の例文と喪中の時は?

秋が近づいてもいつまでも暑さが続く時期、久しく会っていないあの人は元気に過ごして …

冬到来!子供が寝るときにママがしてあげる寒さ対策は!

今年も寒い冬がやってきますね。 夜の急な温度変化など大人は自分で対応できるけど、 …

出産の医療費控除は年末調整でいいの?いくら戻る?いつまで

スポンサードリンク 出産にかかった医療費は年末調整すれば返ってくるの? 面倒な手 …

初盆の提灯の飾り方は?誰が買う?提灯代の相場はどれくらい?

初盆は故人が亡くなって初めて家に帰ってくるお盆ですね。 スポンサードリンク 初盆 …