ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

花粉症か風邪かわからないと困るね!違いを知って病院で検査しよう

   

くしゃみや鼻づまり、鼻水の症状があると、「風邪をひいたかな?」と思いがちですが、同時に「もしかして花粉症?」かもとも思ってしまいますよね。

最近は花粉症の方がたくさんいますし、また時期も春に限らず年中なんらかのアレルギーでこんな症状が出るという方も。
わたしはラッキーなことに花粉症ではないのでその辛さがわからないのですが、友人の中には2月に入るともう症状が出て、「薬をもらいに行かなきゃ。」と言っている人も。

でも風邪と花粉症、症状が似ていてわからないことも。
意外と勘違いをしている方もいるかもしれないので、ここでその違いについてご案内いたします。

スポンサードリンク

花粉症か風邪かわからないから悩む

花粉花粉症と風邪は症状が似ています。

花粉症の主な症状として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして目のかゆみがあげられます。

花粉症の方はほぼこの症状があり、またそのほかに、目の充血、喉がイガイガするなどもあります。
また春先にこのような症状が現れることが多いですね。

そしてかぜの初期症状が花粉症ととても似ています。
こちらも、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、そして咳です。

咳以外はほとんど同じでるね。
ですからどっちかな?と思ったりこれは花粉症かも?風邪かも?と自己診断してしまいがち。

この風邪の症状が悪化すると、熱、喉の痛み、頭痛、などが現れ、風邪と判断できるわけです。

初期症状ではほぼわからないことが多いですね。

花粉症と風邪との違いとは?

とても似ている二つの症状ですが、その中でも見分ける方法があるのでここでご紹介いたします。

スポンサードリンク


鼻水に違いがある
花粉症の鼻水は、サラサラとした無色透明です。
風邪の場合は、はじめサラサラしていることがあってもやがて黄色味がかったネバネバしたものに変わっていきます。

くしゃみの違い
花粉症のくしゃみは、何回も連続して起こります。
これは鼻の粘膜についた花粉を追い出そうとするから。

一方風邪のくしゃみは多くても2、3回で連続することはありません。

鼻づまりの違い
花粉症の多くの人はこの鼻づまりに悩まされていることが多いです。
鼻水が止まらないので、呼吸しにくくなることも。

風邪の場合もこの症状はありますが、鼻水が花粉症ほど多くないのでそこまでひどくなることはありません。
また、目のかゆみは花粉症に見られる症状で、熱が出たり、喉が痛くなるというのはほぼ風邪の症状です。

これらを見分けるとどちらかわかりそうですね。

花粉症は病院で検査してもらったほうがいいね

今ご紹介した症状が現れたら、自分でも違いがわかりそうですね。

でも、念のため病院へ行ってきちんと調べてみることをお勧めします。
耳鼻科なら、風邪、花粉症どちらも対応できます。

今は春先だけでなく、秋に花粉症になるという方も多くいます。
年中花粉症の可能性があるのです。

どちらにしても不快な症状を早めにストップしたいですよね。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

正月太りはプチ断食でダイエットすればリバウンドしない?

お正月の食べ過ぎ飲み過ぎで太っちゃっていませんか? スポンサードリンク 若いころ …

インフルエンザが完治するまでの日数は?判断の基準や証明の方法は?

インフルエンザにかかってしまうと、外出はできないし、もちろん仕事にも行けません。 …

花粉症が初めてだけど対策はできる?症状の種類によって対策法がある?

最近なんだか鼻がムズムズ、くしゃみも多いし目もかゆい。 熱はないので風邪ではない …

高齢者は暑さ対策と熱中症対策が必要!水分補給の方法もね!

スポンサードリンク 今年も暑い夏の季節がやってきますね。 毎年暑さが厳しくなって …

インフルエンザは解熱したら出勤していい?外出できる目安はこれくらい

インフルエンザにかかってしまったら、仕事を休まないといけないし、休むと仕事が遅れ …

日傘を選ぶポイントは遮光のUVカットと遮熱で涼しい快適さ

暖かくなって日差しが強くなってくると日傘が欲しくなってきますよね。 日傘を選ぶと …

立ち仕事で足裏が痛い!原因を見つけて痛みを解消する方法

皆さん、連日の立ち仕事、本当にお疲れさまです。 スポンサードリンク 立ち仕事をし …

インフルエンザでも熱がないなら外出時にマスクをすればいい?

インフルエンザの症状といって思いつくのは、「高熱」ですよね。 急激に熱が出るのは …

熱中症予防は水分補給と塩分も!飲み物は温度に注意して!

スポンサードリンク 夏の暑い日は熱中症が心配ですね。 特に屋外や屋内でスポーツや …

車の運転にはサングラスがおすすめです!可視光線透過率で夜や雨も安心

車でドライブを楽しんでいても眩しかったりフロントガラスへの映り込みが 気になって …