ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます。

低予算でできる小さな子供の夜の寒さ対策にオススメのグッズ!

      2019/12/02

これから、寒い冬がやってきます。

小さな子どもを育てているお母さん方にとって、夜の寒さ対策は、悩ましい問題なのではないでしょうか。

小さな子どもは抵抗力が低いですから、少しの冷えであっても、それが原因となって体調を崩してしまう恐れがあります。

そこで今回は、小さな子どもが冷えによって体調崩さないように、低予算でできる冷えの対策についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

冬でも子供の寝相が悪いのはなぜ?

皆さんの中には、子供の寝相が悪い・・・とお悩みの方がいらっしゃるかもしれませんね。

その理由は何だと思いますか?
大きく分けて3つあるようです。

1.寝返りをうつ回数が多いから

生まれたばかりの赤ちゃんは1時間に約20回、1歳くらいの幼児で、1時間に約10回、寝返りをうつそうです。
次の日の朝になったら、体が180度回転していた・・・
なんていうことがあるそうですが、これだけ寝返りをうっていれば納得できますね。

2.子どもは大人に比べて、浅い眠りであるレム睡眠の割合が多いから

大人のレム睡眠は、全体の20%ほどですが、子どもは50%も占めるそうです。
このレム睡眠の時に、子どもは寝相を変えているのですね。

3.子どもは大人に比べ体温が高いから

単純に、暑がっているため、寝相を変えて熱を逃がしているということですね。

このように、子どもの寝相が悪いのは、ある意味仕方のないことかもしれませんが、そのまま放置していてよいとはいえません。

寝相が悪いと、どうしても冷えにつながってしまいますからね。

また、冷えると体調を崩すだけでなく、おねしょの心配もでてきてしまいます。
冬は夏に比べて、汗の量が減るため、おしっこの量が増えるためです。

では、どうすれば子どもを冷えから守れるのでしょうか。


スポンサードリンク


腹巻やスリーパーを使おう

子ども用の腹巻を探していたら、腹巻付きのパジャマを見つけました。

確かに腹巻とパジャマがつながっているほうが、子どもが暑くて取ってしまう心配もないですし、なるほどと思いました。
値段は、1000円から2000円台で、お手頃価格の商品が多い印象でした。

スリーパーとはどういったものか、ご存知でしょうか。

スリーパーは、ベストの形をしているものが多く、赤ちゃんが着ることができる毛布と考えていただければ分かりやすいかと思います。

種類は様々あるようです。
中でも人気なものは、素材がガーゼタイプのもので、汚れても洗濯がしやすいということが理由のようです。

形状は、先にお話しした通り、ベストの形が主流のようです。
その他にも、袖ありのものやロングタイプのものなど、様々あるようです。

用途に合わせて使い分けることもできそうですね。

値段は3000円台からの商品が多く、高いもので1万円近い商品もありました。
スリーパーはパジャマと違い、大きさや素材など様々であるため、値段にも幅があるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

子どもの冷え対策として、腹巻とスリーパーをご紹介しました。

腹巻は、子どもが暑くて取ってしまう場合を考え、腹巻付きのパジャマをおすすめさせていただきました。

低予算でできる対策ということで、予算だけを考えれば、パジャマかと思いますが、
ぜひ子どもの寝ている様子をよくご覧になってから、ご購入いただきたいと思います。

子どもは、たとえ同じ年齢であっても、発育状況などが異なりますので、
その子どもに合わせることが何より大切ですからね。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日傘を選ぶポイントは遮光のUVカットと遮熱で涼しい快適さ

暖かくなって日差しが強くなってくると日傘が欲しくなってきますよね。 日傘を選ぶと …

夏バテの症状と対策方法は?吐き気や頭痛がする時は?

夏は海やプール、祭りや花火大会など楽しいイベントが盛り沢山ですが、夏バテになると …

ノロウイルスの症状は下痢だけか?対処するのは家庭でいつまでなの?

前触れもなく突然やってくる吐き気や下痢の症状。 スポンサードリンク 急にお腹が痛 …

インフルエンザでも大人は外出して仕事に行かないとね!

冬になると必ず毎年流行するインフルエンザ。 毎年かかってしまう方、またその反対で …

さつまいもで便秘解消できる?逆効果でひどい時の解消は?

さつまいもは焼き芋にしても料理に使っても美味しく食べられますね。 しかも食物繊維 …

正月太りはプチ断食でダイエットすればリバウンドしない?

スポンサードリンク お正月の食べ過ぎ飲み過ぎで太っちゃっていませんか? 若いころ …

インフルエンザは自然治癒でどれくらいで完治する?頭痛はある?

インフルエンザに罹ったかもしれないけど高熱と全身の筋肉痛で動けない。 スポンサー …

インフルエンザになったら出勤はいつからできる?診断書があれば有給?

寒くなってくると色々と気になることがありますよね。 寒さや雪など天候のことだけで …

手のひらが多汗症になる原因を知って対策すれば改善できる

手のひらに汗をかいていると人と握手するのが苦痛になったり、 大事な書類が汗でフニ …

お酒に酔わない方法や飲み方はある?二日酔いは予防できるの?

スポンサードリンク 忘年会や新年会でお酒を飲む機会が多くなる季節ですね。 お酒に …