ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます

赤ちゃんの紫外線対策はいつから始めるの?散歩に使うグッズは?

   

赤ちゃんがすくすくと育ってきて外出する機会も増えてきますね。

日差しが強くなって日焼けが気になる季節に赤ちゃんの日焼けも心配。
赤ちゃんは紫外線からダメージを受けやすい敏感肌だから、
紫外線対策が必要になってくる。

大人と同じ対策で良いのか気になりますね。

赤ちゃんには赤ちゃんの紫外線対策が必要なんですよ。

スポンサードリンク

赤ちゃんの紫外線対策はいつからはじめる?

赤ちゃんの日常的な紫外線対策は生まれてすぐから必要になりますね。

首がすわる頃(生後3~5か月目)までは赤ちゃんは外出することも少ないので、
衣類で赤ちゃんの体をすっぽりと包んで日傘などで直射日光から守ってあげます。

その後は外出する時に日焼け止めクリームなどを使って紫外線対策を始めます。
赤ちゃんの肌はとても薄くデリケートなので低刺激のものを使いましょう。

赤ちゃん用に作られたものが安心ですね。

日焼け止めクリームを使う時には紫外線吸収剤を使用していないものを使って下さい。
紫外線吸収剤は紫外線のエネルギーを科学反応で放出するものなので、
肌が炎症を起こしてしまう恐れがあるため。

乳児の肌は敏感なので、いきなり体全体に日焼け止めクリームを塗る前に、
足などの目立たない場所に少量塗ってみてかぶれたりしないか試してみてね。

日焼け止めクリームは刺激の少ないSPFが10~20程度、PAは+1つのものが、
肌への負担が少ないのでお勧めですよ。

厚塗りをしちゃうと肌に良くないので薄く塗り伸ばしてね。

お湯や石鹸で洗い流せるタイプのものが、お風呂で洗い流せるので手間がかからず、
赤ちゃんの肌に日焼け止めクリームが残らないからいいですね。

スポンサードリンク

赤ちゃんと散歩する時の紫外線対策は?

赤ちゃんには日焼け止めクリームを塗ったり帽子をかぶせたりして、
紫外線対策をして散歩に出かけるんですが、紫外線の強い時間帯の
午前10時~午後2時は避けたほうが良いですよ。

ベビーカーで散歩に出かける時は必ず屋根を付けてくださいね。
なければ日傘を取り付けたりタオルを掛けて日陰を作りましょう。

ベビーカーの斜めから入ってくる紫外線やアスファルトの反射光で、
赤ちゃんの手や足が日焼けしてしまうこともあるので気をつけてね。

赤ちゃんは汗っかきなので汗をかいたら汗を拭いてあげて、一緒に拭きとった
日焼け止めクリームを薄く塗りなおしてあげましょう。

赤ちゃんは骨を丈夫にするために日光にあたったほうが良いと言われてますが、
骨の合成に必要なビタミンDを作るのに必要な紫外線は
日陰で30分間過ごす程度で十分なので適度に散歩を楽しんでね。

赤ちゃんの紫外線対策に便利なグッズは?

赤ちゃんとお出かけする時に便利なグッズは、

・日焼け止めクリーム
・長袖、長ズボン
・大きいタオル
・つばの広い帽子
・日傘
・UVカットのサングラス
・ケープ

車内では窓ガラスから紫外線が当たらないように、

・UVカットフィルム
・UVカット効果のあるネットや布

など紫外線から赤ちゃんお肌を守るグッズを用意しましょう。

まとめ

赤ちゃんの頃から紫外線を浴びすぎると大きくなってから、
シミやシワができたり、免疫機能の低下や皮膚がんなどののリスクが
大きくなってしまうので、お母さんがしっかりと紫外線対策をしてあげてね。

紫外線を気にしすぎて外に出なくなるのはもったいないので、
しっかりと紫外線対策をして赤ちゃんと一緒に楽しくお出かけしてね。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花粉症の鼻づまりを治す方法は?寝れない時の解消法はある?

スポンサードリンク 花粉症の季節になると鼻づまりに悩まされますね。 昼間はなんと …

熱中症の症状と対策法とは?頭痛や下痢の時はどうする?

これからの暑い季節、熱中症にかかることも多くなってきます。 スポンサードリンク …

お酒に酔わない方法や飲み方はある?二日酔いは予防できるの?

スポンサードリンク 忘年会や新年会でお酒を飲む機会が多くなる季節ですね。 お酒に …

手のひらが多汗症になる原因を知って対策すれば改善できる

手のひらに汗をかいていると人と握手するのが苦痛になったり、 大事な書類が汗でフニ …

風邪に効く食べ物と飲み物はこれだね!風邪をひかない方法は?

季節の変わり目や急に気温が下がる時期にうっかり風邪をひいてしまう人が多いですね。 …

インフルエンザの検査が陰性でもタミフルは飲む?診断書はもらえる?

インフルエンザの症状が出て病院で検査したら結果は陰性だった。 スポンサードリンク …

インフルエンザの解熱剤で市販薬は禁忌?イブプロフェンは?

インフルエンザにかかってしまうと38℃以上の高熱や体中の筋肉痛などに襲われますね …

高齢者は暑さ対策と熱中症対策が必要!水分補給の方法もね!

スポンサードリンク 今年も暑い夏の季節がやってきますね。 毎年暑さが厳しくなって …

日傘を選ぶポイントは遮光のUVカットと遮熱で涼しい快適さ

暖かくなって日差しが強くなってくると日傘が欲しくなってきますよね。 日傘を選ぶと …

高齢者の夏の健康管理は?脱水予防や食欲不振はどうする?

梅雨の季節から夏本番まで気温の変化も大きく特に高齢者の健康が心配な季節ですね。 …