ハッピーになれる情報ブログ

ハッピーになれるような情報を書いてます

熱中症予防は水分補給と塩分も!飲み物は温度に注意して!

   

suibun

夏の暑い日は熱中症が心配ですね。

特に屋外や屋内でスポーツや運動などをする時には熱中症で倒れないために予防が大切です。

手軽にできる予防法を紹介します。

スポンサードリンク

熱中症予防は水分補給と塩分も一緒に

熱中症の予防には充分な水分補給をするように言われますが、それだけでは不十分なんですよ。

特に屋外で大量の汗をかいた場合などは水分と一緒に塩分も補給しないと脱水症状を引き起こしてしまうんです。
汗を舐めてみるとしょっぱいですよね。それだけ体内から汗として水分と塩分が流れでてしまうんです。

体内では塩分濃度をある程度一定に保とうとするので、水分だけを補給してしまうと体内の塩分濃度が低くなってしまうので塩分濃度を上げるために水分を尿で排出してしまうんです。
結果として汗をかいた分の水分は補給されずに脱水症状になってしまって熱中症の原因になってしまいます。

汗をかくから水分の補給をしなければと言っても、甘いジュースや清涼飲料水ばかり飲んでいると糖分の摂り過ぎになってペットボトル症候群と呼ばれる急性の糖尿病になってしまうこともあるので注意してください。

喉が渇く前にこまめに水分補給をした方がいいのですが、のどが渇いてしまったからといって一度に大量の水分を飲んでも体内で処理が間に合わないので体調を崩してしまうので、一度に飲む量はコップ一杯程度にしておきましょう。
スポーツなどに夢中になってしまって水分補給を忘れてしまうと脱水状態になってしまうのでこまめに飲むのを忘れないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

熱中症予防でも塩分取りすぎに注意

水分補給とともに塩分の補給も大切なんですが、汗をかくたびに塩分の補給をするのも注意が必要です。

屋外などで短時間に大量の汗をかいた場合は塩分も多めに流れでてしまいますが、室内などで普段の生活を送っている場合は食事などで摂取する塩分で補給できるのでそれ以外の塩分の補給は必要ありません。

必要以上に塩分を摂ってしまうと高血圧など別の病気の原因にもなってしまいますから気をつけてください。

熱中症予防の飲み物は温度に注意

汗をかくほど暑い時は飲み物は冷たく冷やしてあるほうが、のどごしも気持よくて体も冷やせそうで熱中症予防にもなりそうなイメージですが、あまり冷たいものは飲まないほうが良さそうです。

少量なら体内を冷やしてくれるのでいいですが大量に冷たいものを飲んでしまうと胃や腸が冷えすぎてしまって胃の働きが悪くなったり下痢の原因にもなってしまいます。
内蔵の温度は感じることが出来ないので冷えすぎてしまっても分からないんです。よく冷えた缶ジュースを手に持っていると持っていられなくなるくらい手が冷たくなりますよね。内蔵はそれぐらい冷たくなっても気付かないんです。

飲み物の温度は5度から15度くらいが腸で吸収しやすい温度なので冷やし過ぎには注意してくださいね。

まとめ

熱中症の予防にはこまめな水分補給が欠かせません。

大量に汗をかいた時は塩分も補給して体内の塩分濃度を変化させないように気をつけましょう。

熱いからと冷たい飲み物ばかりでは体調を崩してしまうので最適な温度で飲みましょう。

熱中症の予防をして暑い夏を健康的に乗り切りましょう。

スポンサードリンク

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花粉症の予防にはマスクが効果!花粉対策のメガネが曇らないように!

花粉症の季節になると突然花粉症にかかることがあるんですよね。 スポンサードリンク …

手のひらが多汗症になる原因を知って対策すれば改善できる

手のひらに汗をかいていると人と握手するのが苦痛になったり、 大事な書類が汗でフニ …

熱中症の症状と対策法とは?頭痛や下痢の時はどうする?

これからの暑い季節、熱中症にかかることも多くなってきます。 スポンサードリンク …

汗っかきは多汗症とは違います!体質改善は漢方で対策して

汗をかく季節になると汗っかきだと憂鬱な気分になりますね。 スポンサードリンク ち …

高齢者の夏の健康管理は?脱水予防や食欲不振はどうする?

梅雨の季節から夏本番まで気温の変化も大きく特に高齢者の健康が心配な季節ですね。 …

暑さが頭痛の原因なの?治し方と予防で健康な夏を過ごそう!

スポンサードリンク 暑さが原因なのか頭痛に襲われると痛みに耐えるのが精一杯で歩く …

夏バテの症状と対策方法は?吐き気や頭痛がする時は?

夏は海やプール、祭りや花火大会など楽しいイベントが盛り沢山ですが、夏バテになると …

風邪の症状が長引くのは似た病気かも知れないから診断しよう!

スポンサードリンク 季節の変わり目や寒い時期は風邪をひく人が増えますね。 すぐに …

赤ちゃんの紫外線対策はいつから始めるの?散歩に使うグッズは?

赤ちゃんがすくすくと育ってきて外出する機会も増えてきますね。 日差しが強くなって …

日傘を選ぶポイントは遮光のUVカットと遮熱で涼しい快適さ

暖かくなって日差しが強くなってくると日傘が欲しくなってきますよね。 日傘を選ぶと …